FC2ブログ

雪彦渓谷の滝 2018

滝友と姫路市夢前町に聳える日本三彦山のひとつ、雪彦山の滝に行って来ました。前回は2009年に訪れたので9年ぶりになります。その折は出合付近から遡行して目当ての不動滝を見て引き返しましたが、その上にも滝が在る事を知り、それを見る事も目的のひとつでした。これ迄、虹ヶ滝下流の「みのヶ滝」と不動滝を同一としていましたが、これでスッキリしました。今回は時間の都合上、展望台から大曲を経て虹ヶ滝起点の滝見で、虹ヶ滝より下流の滝は逆遡行となりました。 このページでは2009年の遡行記録も併せて下流より紹介します。 これは昔に雪彦へ至る道路脇にあった雪彦山イラストマップです。

yuki300.jpg

このマップの出合~不動滝下段までの無名滝をF1~F6としてこちらで紹介しています。またページ中のF7はナメ滝すぐ下流の滝です。

不動滝

不動滝の下段です。(2009年に撮影)

yuki301.jpg

現在は左岸側が大きく崩れて様相が変わっており、流木が横たわっています。(昨年7月に沢登りされたグループの画像では大きな変化がなかったので、昨秋の台風による被害かと思われます。)

同行者撮影
yuki317.jpg

上段です。

yuki305.jpg

yuki306.jpg

(2009年撮影)
yuki302.jpg

不動滝は5~60年前の地図に記されています。
yuki303.jpg

みのヶ滝

上のイラストマップに記されており、旧登山道脇に落ちています。当時は多くの登山者が見知っていた滝らしく虹ヶ滝同様にイラストも描かれています。

yuki307.jpg

yuki308.jpg

虹ヶ滝

yuki309.jpg

紅ヶ滝 滝上の中央部が塞がれており、見間違いそうでした。

yuki310.jpg

寝覚床 これも上の古地図に記されています。

yuki311.jpg

ナメ滝

yuki312.jpg

yuki313.jpg

雪彦山、不行岳です。

yuki315.jpg


・2009年訪滝はこちらを御覧下さい。

雪彦の虹滝渓谷のうち虹ヶ滝~ナメ滝間は小滝ながら滝が連続しており、お勧めです。反面、虹ヶ滝より下流部は大きな滝が連続していますが大変危険であり、 下りたとしても「みのヶ滝」で引き返すのが賢明です。




スポンサーサイト

この記事へのコメント:

cantam : 2018/03/26 (月) 20:03:56

その節は大変お世話になりました、
おかげさまで難易度の高い滝を見て回る事ができました。

虹ヶ滝より下流沿いが旧登山道だったとはびっくりしました。

maruichi : 2018/03/27 (火) 18:22:16

先日はお疲れ様でした。cantamさんや はじめさんとなら心強い限りです。お誘い頂いた大成の滝も間をおいてなら同行させて頂きたかったですね。またヤマレコを参考に訪れて見たいと思います。虹ヶ滝から、少しの間ですが山道跡がありましたので、おそらく崩落したのではないでしょうかね。

管理人のみ通知 :

トラックバック: