比地の滝 雪化粧

雪景色の滝を見たくて宍粟市の比地の滝に行って見ました。これまで冬期には何回か訪れていますが、今回が一番の景観でした。

滝は国見の森公園内にあります。獣除けのフェンスを開けると真っ白な滝見道。事務所の方によると、前夜に降雪があったそうで、タイミングはバッチリ。
hiji290.jpg

5分程で滝に到着。 素晴らしい滝景色です。
hiji291.jpg

hiji292.jpg

hiji293.jpg

下流からも。
hiji295.jpg

hiji296.jpg




スポンサーサイト

扁妙の滝 氷瀑 2017

今年も訪れました。実は先日にも近くまで行ったのですが、県道を逸れるや積雪が凄くて止む無く引き返しましたので、リベンジとも言えます。今回はグリーンエコー笠形で事前に確認したのでスイスイでした。今朝の新聞各紙で前日の氷瀑写真が掲載されていた為か、駐車場は満車近かったです。施設で聞くと昨夜は-8℃で昨日よりは凍結しているとかで、アイゼンを装着して いざ出発。

昨年同様、駐車場から滝までは歩きます。上の駐車場までは こんな感じで、カチンカチンです。大型の四駆でも、やっと・・でしょうね。
hen171.jpg

上の駐車場はこんな感じ。
hen172.jpg

踏み後がなければ、迷いそうです。
hen1701.jpg

やっと到着 ここまで40分でした。 先客もそこそこに。
hen176.jpg

例年になく水量が豊富で完全凍結は難しいでしょうね。
hen177.jpg

hen178.jpg

hen179.jpg

hen173.jpg

hen175.jpg

hen1702.jpg

オウネンの滝です。
hen1703.jpg

これまでの訪滝記録はこちら・・・2003年 2004年 2006年 2010年 2011年 2012年 2013年 2016年 

グリーンエコー笠形のHPは こちら



楠谷の滝

クラブの新年会で岡山の湯郷温泉に行ったついでに立ち寄りました。生憎の雨天でしたので傘をさしての滝見となりましたが、思った以上の良瀑で訪れた甲斐がありました。

県道82号線沿いの近衛殿から北上して楠谷地区に入り、天ヶ山方面へ小川沿いに走ると最終に獣除けの簡易フェンスがあります。辺りは広くなっており1台位なら駐車出来ます。フェンスを開けて進むと、突き当たりに標識があり、左は天ヶ山 右が楠谷の滝ですので、標識に従い右の山道を進むと最終に楠谷の滝が見えて来ます。

kusutani5.jpg

kusutani.jpg

kusutani1.jpg

kusutani2.jpg

kusutani3.jpg

本滝に至る山道脇に小振りではありますが滝が見えます。
kusutani7.jpg

kusutani6.jpg

余談ではありますが、今回ほど強力な手振れ補正を有り難く思った事はありませんでした。何せ傘を差しつつスローが切れるのですから・・。




鶏鳴の滝

来年が酉年である事から今年最後の滝見は鶏鳴の滝を中心に計画しました。また、この滝の謂れは下の案内板の通りで、「黄金の鶏が新年の幸を告げる」との事、元旦に相応しい滝ですね。

keimei2.jpg

信楽名物、ひょうきんな狸の滝標識が置かれています。
keimei.jpg

keimei5.jpg

keimei3.jpg

keimei6.jpg

keimei7.jpg




神有川の滝

神有川には鶏鳴の滝をはじめとする八つの滝があり鶏鳴八滝と言われます。鶏鳴の滝を挟んで、下流に三つ、上流に四つあります。また、それぞれの滝には狸の滝標識が立っています。

keimaihattaki.jpg

下流から。

初音の滝

hatune.jpg

白神の滝

siragami.jpg

白蛇の滝

hakujya.jpg

ここから先は大きな池の畔を延々歩きますが、道が細いので注意が必要です。

白布の滝

hakufu.jpg

岩垂れの滝

iwasidare.jpg

神有の滝

kamiari.jpg

尚、垂尾の滝は撮り忘れました。東屋の近くに在リ標識が無ければ解らない程の滝です。



| NEXT>>