篠山 玉水ユリ園

篠山市の玉水ユリ園に行って来ました。以前よりネッ友より情報を頂いていたのですが、今回やっと訪れる事が出来ました。県内では宍粟市の千種高原ユリ園が在りますが、ここ数年は開園しておらず、色とりどりのユリを鑑賞できるのは篠山だけでしょうね。ユリ園は篠山の中心部からも近いですが、専用の駐車場は狭くて20数台がやっとです。訪れたのは平日でしたが、既に満車状態で係員の方から篠山城跡の駐車場に駐めてくれとの指示がありました。しかし、かなりの距離がある様なので、近くをウロウロしていると市のサービスセンターが目に入り、何とかそこに駐める事が出来ました。

ユリ園入口です。入場料は最近に値上げされて大人700円とちょっとお高目です。値上げの前に駐車場なんとかせえよ!と言いたいですね。
yuri30.jpg

園内は思ったよりも広く、規則正しく植えられたユリに目を奪われます。

yuri311.jpg

yuri301.jpg

yuri305.jpg

yuri307.jpg

yuri308.jpg

yuri309.jpg

yuri310.jpg

yuri306.jpg

園内には紫陽花園もあって、ユリとのコラボを楽しめます。

yuri302.jpg

yuri303.jpg




スポンサーサイト

應聖寺の沙羅 2018

関西花の寺のひとつ、福崎町の應聖寺へ今年も行って来ました。この日はNHKカルチャースクールから大型バスで大勢の方がお見えになっており、いつもひっそりとしている お寺も賑やかでした。沙羅の花は寺の境内や周辺は今が見頃か、ちょっと過ぎている感じでしたが、裏の沙羅林の方はこれからが見頃でしょう。花期が短く、直ぐに落花するので見頃がとても難しい花ですが、その儚さが沙羅の魅力とも言えます。

應聖寺です。

sara301.jpg

山門の辺りは見頃でした。

sara308.jpg

境内は満開で、落花盛ん。

sara306.jpg

sara305.jpg

sara302.jpg

苔の庭に落花した沙羅が・・。

sara303.jpg

境内には鉢植えのハス。

sara307.jpg

お馴染み、釈迦涅槃像。

sara309.jpg

帰り道の紫陽花の小道も今が見頃。

sara300.jpg







奥猪篠(神河町)の紫陽花

写友の お誘いで神河町猪篠へ紫陽花を見に行って来ました。私は全く知らなかったのですが、この地区は棚田や紫陽花で売り出し中との事で、最近はバス会社の日帰りツアーも組まれているそうですよ。町興しの一環とも言えるでしょうね。

紫陽花は村道のあちこちに植わっていますが、規模は小さいです。県内で棚田と紫陽花と言えば佐用町の大垣内が有名で、多分ここを目指したのでは?と想像しますが、未だ未だです。 村道脇を彩る紫陽花です。

inosasa1.jpg

inosasa2.jpg

inosasa3.jpg

inosasa6.jpg

八幡神社です。境内近くを渓流が流れ、癒しスポットとしては最高でした。

inosasa5.jpg




秋恵園(たつの市)の花菖蒲

秋恵園は たつの市の大庄屋であった永富家の庭園です。造園されたのは昭和に入ってからで、庭園の池の周りを彩る花菖蒲はとても綺麗で、この時期 訪れる方も多いそうです。

正面に見えるのが母屋で、道を隔てて庭園が在ります。

syuukei305.jpg

syuukei307.jpg

半化粧とのコラボで初夏を彩ります。

syuukei303.jpg

syuukei306.jpg

syuukei302.jpg

永富家の母屋入口です。

syuukei301.jpg




千種のクリンソウ 2018

今年も宍粟市の千種湿原に群生するクリンソウを見に行って来ました。時期的にちょっと遅いかな?と思っていましたが、下段も未だ蕾が多く、10日の閉園がホント勿体無い気がしました。 未だ未だ見れますので是非。

tigu312.jpg

tigu309.jpg

tigu307.jpg

tigu305.jpg

tigu308.jpg

tigu306.jpg

tigu303.jpg

tigu302.jpg

昨年の様子はこちら




帰りに立ち寄った県道脇に落ちる「いろは滝」です。 千種町は「大釜の滝」「いろは滝」「三室の滝」と、道脇から直ぐの お手軽滝が多いですよ。

tigu300.jpg



| NEXT>>