雲見の滝

連休で鳥取の大山周辺の滝を目指しましたが、道路から外れると残雪が半端じゃなく2箇所の何れも途中で撤退せざる得ませんでした。高所ではこの時期、簡易装備では無理な様です。そこで、前から見たかった島根の雲見の滝へ・・雲南地区を代表する滝ですが、 この辺りには他にも良瀑が幾つもあって、ゆっくりと巡りたいと思っていただけに中途半端な滝見になってしまいましたが、手ぶらで帰るわけにも行かないので(笑) 米子道は蒜山から以北は嘘の様に雪がなく山陰道もスイスイでした。滝はナビにも出ており迷う事なく到着。広い駐車場にトイレや案内マップもあります。 渓谷に沿った遊歩道は整備されており、気持ちよく散策出来ます。

kumomi5.jpg

10分足らずで滝に到着。上流が雄滝で直ぐ下流に雌滝。この配置は神戸の布引き滝と同じですね。
kumomi8.jpg

本滝(雄滝)です。
kumomi7.jpg

kumomi6.jpg

雌滝です。鉄枠を辿って下に降りれば雌滝が淵に流れ込む姿は見れますが、横からだけなので無理する必要はありません。
kumomi10.jpg

米子道からの大山です。 蒜山SAから。
kumomi1.jpg

溝口辺りの車中から。まさに伯耆富士ですね。
kumomi2.jpg

山陰道、宍道SAから宍道湖です。
kumomi3.jpg




スポンサーサイト

庄屋の雛まつり

姫路市林田町の有形文化財にも指定されている大庄屋、三木家住宅で催されている雛祭りに行って来ました。江戸~現在に至る迄の雛人形が飾ってありますが、自然光に浮かぶ人形の表情には魅せられるものがあります。 一部ですが・・。

hina292.jpg

hina299.jpg

hina300.jpg

hina301.jpg

hina302.jpg

同時に催されていた「命ほっこり明かり展」です。
hina296.jpg

三木家の出自は元城主であったとか・・落城後に当地で帰農して林田藩の大庄屋を勤めたそうで、それを窺わせるだけの規模がある古民家です。
hina29.jpg

建ち並ぶ蔵。
hina291.jpg

おくどさん(台所)。
hina293.jpg

古い駕籠が。
hina290.jpg

珍しい当時の蒸し風呂。現在のサウナですね。
hina295.jpg

前庭です。
hina297.jpg

林田町に入ると国道29号線脇に標識があり、建屋近くには専用駐車場もあります。現在、NPO法人が管理しており入場料(300円)が必要です(高齢者は無料)。 古民家の見学は金曜~月曜日と祝日で、雛祭りは3月13日迄です。




増位山梅林

ネッ友の投稿に刺激されて、近くの梅林に行って見ました。増位山の随願寺に在りますが、高所と陽当たりの加減か、開花が遅くて見頃に当たったためしが無くて、この日も五~七分と言った所でした。

山頂駐車場への道路脇の梅は今が見頃でした。
masu177.jpg

駐車場から随願寺へと。この寺は聖徳太子によって開かれ、姫路藩主、榊原家の墓所もあります。また、この時期に行われる鬼追い式でも有名です。
masu171.jpg

本堂です。
masu170.jpg

階段を下ると梅林です。平日の為か、貸し切りでした。
masu175.jpg

masu173.jpg

masu172.jpg

masu176.jpg

この日は生憎の曇り空で、気温も高い方でしたが 高所は肌寒くて昼食は道路脇の東屋で・・。ここは梅と同時に姫路城も望めるスポットです。
masu178.jpg




独鈷の滝

平成26年の大水害から通行止めになっていた独鈷の滝ですが、昨年夏に漸く復旧したそうです。この日は目当ての節分草が期待外れでしたので、こちらの再訪がメインとなりました。県道脇の大看板に従い岩瀧寺へと・・周りの景色も若干変わった感がありましたが、参道に入ると初めての場所に訪れた様な違和感がありました。その筈で帰宅後に当時の災害の様子を記録した動画を見ましたが、それは酷い状態に唖然となりました。

岩瀧寺です。この辺りも一変しています。寺の向かいに奥の駐車場があります。
dokko9.jpg

復旧された石段を上がります。
dokko8.jpg

やがて急な階段となり独鈷の滝が姿を見せます。以前は見れなかったポジションから滝を見る事が出来ますが、以前の様に滝壺近くのベンチでノンビリ過ごす事は出来ません。
dokko7.jpg

dokko5.jpg

dokko6.jpg

幸いにも滝が無事であった事が何よりと言うより、災害の規模を考えると奇跡とも言えるでしょうね。




遠坂の節分草まつり

丹波市青垣町遠坂の節分草まつりに行って来ましたが、時期が早いと言う以前に前日の降雪でサッパリでした。遠坂トンネルを抜けると銀世界で、とにかく会場に行って見る事に・・。
dokko3.jpg

それでも駐車場は満車に近く、他県ナンバーもチラホラ。しかし敷地は雪が融けて侵入を躊躇う程の泥沼状態。正直引き返そうかと思いました。地元の方の余興や販売で賑わっていましたが足元は泥沼で長靴に履き替えて出発。
dokko2.jpg

聞けば早朝から地元の関係者で群生地の雪掻きを行ったとか・・。しかし肝心の花はポツリポツリで見学客の数の方が多かったのでは・・笑。
dokko1.jpg

開花した節分草の周りは人だかりで撮影もままならぬ状態。家内がコースから離れた場所に花を見つけてくれて何とか撮る事が出来ました。
dokko.jpg

周りの雪を集めてのコラボです。
dokko10.jpg

この後、森地区の群生地にも訪れましたが雪は少なかったものの花は未だ未だ先で、この辺りでは遠坂が一番早いそうです。
2月下旬~3月上旬が見頃でしょうか?




| NEXT>>